勝入塚


史跡・旧跡

長久手の戦いの折、秀吉に味方した池田勝入斎恒興(いけだしょうにゅうさいつねおき)が、家康の本隊と戦い戦死した地です。

《さしもの強傑一時に亡びて、今は残れる塚さへ半は崩れ、いと哀を催しぬ「水枯や池田も今は山の土」》